††映画と私と つれづれなるまま††
BGMがわりに映画を♪ そして好奇心のつれづれなるままに
[管] [新] [画] [箱] TOP

映画タイトル 五十音別
[]  []  []  []  []  []  []  []  []  []  [海外TV]

▼「ツイートまとめ」の読み方について▼
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
   毎日ポイントGET。 検索でもポイントGET。 新規登録で250ポイント!
牛切り落とし肉でビーフシチューを作ろうと、ストーブで煮込んでいたら、ものすごい量の油が出てびっくり!普段はスネ肉・スジ肉を煮込んでるんだけど、コラーゲンが豊富で油なんかほとんど出たことなかったのよね。

でも、この油を冷やし固めて取り除いて、ふと「石けんのオイルに使える!」と材料にしてしまった♪


それで、ちょっと味をしめて、
脂身を精製して牛脂(ヘット)ベースで石けんを作ってみたくなっちゃった♪

そうすると、心を読んだかのように、スーパーのお肉コーナーに、大量の牛脂が「ご自由にお持ちください」って。
こ、これ、もらってもいいかな。ジュル
  石けん

▼続き・・・

スポンサーサイト
   毎日ポイントGET。 検索でもポイントGET。 新規登録で250ポイント!

オレンジの部分は、
夏みかんの皮をミルミキサーで粉にして
約1ヶ月漬け込むだけでもオレンジになるが、
レッドパームオイルを使うと、よりオレンジ色
になる。
オレンジ部分  材料費¥590+精油
バッチ:300g
水:99g (33%)
苛性ソーダ:42g (ディスカウント:8%)
オリーブ油 123g (41%)
ココナツ油 84g (28%)
レッドパーム油 84g (28%)
ラード 9g (3%)
 
白部分
バッチ:200g
水:66g (33%)
苛性ソーダ:28g (ディスカウント:8%)
オリーブ油 83g (41.5%)
ココナツ油 56g (28%)
パーム油 56g (28%)
ラード 5g (2.5%)

オレンジの皮をすべて入れたままだと邪魔に
なるので、少しだけ残して、あとは取り除く。

上部に、白石けん生地で、ホイップの飾り付けをしたかったので、先にオレンジ部分を作って固まってから、2層に切って、型に戻して真ん中に白石けん生地を挟んだが、オレンジ部分の上辺がすっかり乾燥してしまったので、白生地のホイップがくっつかなかった・・・ 切り分けたらはがれちゃったので、改めて水でくっつけた(笑)
   毎日ポイントGET。 検索でもポイントGET。 新規登録で250ポイント!

緑の部分は
ミルミキサーで粉にしたローズマリーを
オリーブオイルに約1ヶ月漬け込んだ色。

ローズマリーをすべて入れたままだと邪魔に
なるので、少しだけ残して、あとは取り除く。
ローズマリー部分  材料費¥650+精油
バッチ:250g
水:83g (33%)
苛性ソーダ:35g (ディスカウント:8%)
オリーブ油 105g (42%)
ココナツ油 70g (28%)
パーム油 71g (28%)
ラード 4g (1.6%)
 
白部分
バッチ:400g
水:132g (33%)
苛性ソーダ:56g (ディスカウント:8%)
オリーブ油 166g (41.5%)
ココナツ油 112g (28%)
パーム油 112g (28%)
ラード 10g (2.5%)

でもこの色は、日に焼けてすぐ消えていっちゃうの。
   毎日ポイントGET。 検索でもポイントGET。 新規登録で250ポイント!
スーパーにある油だけを使った石けん
(オリーブオイル・ベース)
バッチ:600g
水:198g (33%)
苛性ソーダ:76g (-8%)
オリーブ油 390g (65%)
ラード 180g (30%)
バター(牛) 30g (5%)

-苛性ソーダの分量が変わらない、代替オイル-
オリーブオイルは、ひまわり油コーン油紅花油と入れ替え・ブレンドが可能。
ラードパームオイルと入れ替え・ブレンドが可能。

ただし、パームオイルには、ラードほどの泡立ちは期待できません。
ラードも、ココナッツほどの泡立ちはありませんっ。


注意)マーガリンは、バターの代替には出来ませんっ!


スーパーにある油だけを使った石けん
(サラダ油ベース)
バッチ:600g
水:198g (33%)
苛性ソーダ:71g (-8%)
サラダ油 390g (65%)
ラード 180g (30%)
バター(牛) 30g (5%)

-苛性ソーダの分量が変わらない、代替オイル-
サラダ油キャノーラ油と入れ替え・ブレンドが可能。
ラードパームオイルと入れ替え・ブレンドが可能。

ただし、パームオイルには、ラードほどの泡立ちは期待できません。
ラードも、ココナッツほどの泡立ちはありませんっ。


注意)マーガリンは、バターの代替には出来ませんっ!



ラードやバターは、常温では固形になる油です。

低い温度で、石けんタネをかき混ぜていると、とろっと固まってきたのが、
ラード・バターが常温固形化してきたのか、
石けんのトレースが出てきたのかわからなくなるので、

温度管理に注意!
   毎日ポイントGET。 検索でもポイントGET。 新規登録で250ポイント!
石けん

基本のオイルで作る石けん
バッチ:600g
水:198g (33%)
苛性ソーダ:83g (-8%)
オリーブ油 300g (50%) 保湿 (溶けやすい)
ココナツ油 150g (25%) 泡立ち
パーム油 150g (25%) 固さ

基本のオイルをちょっと安くしてみよう
バッチ:600g
水:198g (33%)
苛性ソーダ:81g (-8%)
オリーブ油 150g (25%) 保湿 (溶けやすい)
キャノーラorサラダ油 150g (25%) 保湿 (溶けやすい)
ココナツ油 150g (25%) 泡立ち
パーム油 150g (25%) 固さ

ラードも使ってみる?
固まりやすく、固さ・泡立ちのバランスもGOODなラードで
バッチ:600g
水:198g (33%)
苛性ソーダ:81g (-8%)
オリーブ油 150g (25%) 保湿
キャノーラorサラダ油 150g (25%) 保湿
ココナツ油 150g (25%) 泡立ち
パーム油 100g (16.6%) 固さ
ラード 50g (8.4%) 固さ (&泡)


スーパーで手に入るオイルだけで作る石けん
・・・は、こちらから


バッチサイズ600gは、
石けんのネタ(生地)を牛乳パックに流し込んで、横に寝かせて固めると、
出来上がりの石けんのサイズがちょうど良いぐらいの大きさになるので、お気に入り♪

注意!
石けんは、オイル毎に苛性ソーダの量が決まっています。
適当に配合を変えると、大変危険な石けんになるかもしれません!

注意!
石けんは、1回にある程度の量を作ったほうが、出来が良くなります。
石けん1個分だけ、という分量はいろいろ問題発生!になるので、オススメしませんっ


さて、ということで、私なりのベースの石けんなのですが、
初めての方の石けんつくりには、カリスマソーパー小幡有樹子さんの
石けん作り実践編(準備)
石けん作り実践編(レシピ)
を参考にするのがオススメ♪
コールドプロセス(常温保存で固める方法)で作る、一般的な方法を写真付きで紹介してます。

近くのスーパーで購入できない材料は
カワチヤさんが、石けん用のいろんな材料を扱ってるうえ、安くてオススメ♪

▼続き・・・

   毎日ポイントGET。 検索でもポイントGET。 新規登録で250ポイント!






style="padding:0px;margin:5px;float:left"align="left"
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
ブログ内検索
最近の映画&DVD
最近の記事
コメント
トラックバック
お気に入り
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。