††映画と私と つれづれなるまま††
BGMがわりに映画を♪ そして好奇心のつれづれなるままに
[管] [新] [画] [箱] TOP

映画タイトル 五十音別
[]  []  []  []  []  []  []  []  []  []  [海外TV]

▼「ツイートまとめ」の読み方について▼
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
   毎日ポイントGET。 検索でもポイントGET。 新規登録で250ポイント!
ZORRO2.jpgHP:レジェンド・オブ・ゾロ
英題:THE REGEND OF ZORRO
私的分類:アクション/怪傑
鑑賞方法:DVD
評価:★★★
カリフォルニアがアメリカ合衆国への仲間入りをしようとしていた1850年。民衆の自由獲得を機に引退し、家族を愛する男=アレハンドロに戻ることを決意した正義の男・ゾロ(アントニオ・バンデラス)の前に現れたのは、アメリカ滅亡を企む秘密結社だった。そのリーダー・アルマン伯爵(ルーファス・シーウェル)は邸宅に“秘密兵器”を集積し、作戦を決行する機会を窺っていた。やがてアルマンの陰謀に気付いたゾロだったが…。

・・・*・・・*・・・*・・・*・・・

ちょっとコメディタッチで軽快なテンポが楽しいです!民衆のためのヒーロー・ゾロは案外無敵じゃないところも、愛馬トルネードにコケにされるところも、毎度おなじみのユーモア♪トルネードったら、ちゃんと人の目を分かってるのよね。ゾロ一人だと言うこと聞かないのに、人がいるとちゃんと窮地を救いに来たりして。酒飲みだしパイプは吹かすしお茶目さん。大好き^^

そのゾロは今回お父さんです。
しかし、引退するはずだったゾロは、もうしばらくゾロのまま見守りたいと言い出して、最愛の妻エレナを怒らせて、邸から追い出されてしまうし、ひとたびゾロを呼ぶ鐘が鳴れば、息子を迎えに行くこともできず、父親としての敬愛を失いかけている。う~ん、正体を隠した正義の味方の宿命ですね。

製作:2005年 アメリカ
公開:2006-1-21
監督:マーティン・キャンベル
出演:アントニオ・バンデラス 、キャサリン・ゼタ=ジョーンズ 、ルーファス・シーウェル 、ニック・チンランド 、アドリアン・アロンソ

関連作品
1作目:マスク・オブ・ゾロ 1998年

[映画と私:ら]
   毎日ポイントGET。 検索でもポイントGET。 新規登録で250ポイント!

 コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 記事に言及していないコメントは削除します。あしからず。

 トラックバック







style="padding:0px;margin:5px;float:left"align="left"
カレンダー
05 | 2017/03 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
ブログ内検索
最近の映画&DVD
最近の記事
コメント
トラックバック
お気に入り
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。