††映画と私と つれづれなるまま††
BGMがわりに映画を♪ そして好奇心のつれづれなるままに
[管] [新] [画] [箱] TOP

映画タイトル 五十音別
[]  []  []  []  []  []  []  []  []  []  [海外TV]

▼「ツイートまとめ」の読み方について▼
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
   毎日ポイントGET。 検索でもポイントGET。 新規登録で250ポイント!
iamlegend.jpgアイ・アム・レジェンド
私的分類:アクション/バイオハザード/SF
評価:★★★★

いい意味で、予感を裏切ってくれました。面白かった。心臓に悪かった(笑)

<あらすじ>
2012年、人類が死滅してしまった地球でたった1人、有能な科学者のロバート・ネビルだけが生き残る。彼は究極の孤独と闘いながら、愛犬サムとともにほかの生存者の存在を信じて無線で交信を続ける。太陽の光が消え去ると、いっせいにうごめき出す不気味な影、“ダーク・シーカーズ”の脅威と闘いながら、途切れそうになる希望をたぐり続ける日々。そんなある日、ネビルは、ある驚くべき事実に気づく。

・・・*・・・*・・・*・・・*・・・

この映画、いったいどんな話になるものか・・・と、実は戦々恐々としていたのですが、いい意味で予想を裏切ってくれました。
面白かったです!

実は、「地球最後の男」のリメイクだと聞いてたんですね。
ん?聞き覚えあるぞ?あれじゃないか?あのダメダメだったヤツ。
と、思い出したのが「地球で最後の男」
これです↓
iamlegend_moto.jpgタイトルに惹かれて借りてのよね。
たしか、どんな経緯でだったか、ある警官が意識を取り戻すと、街から人が消え失せ、そこはゴーストタウンと化していた・・・・
ほら、シチュエーションはいっしょでしょ?
これだよ、これのリメイクだ。
これをどう料理(リメイク)しようっていうの!!?

というのが、この「アイアムレジェンド」の話題を聞いた時の最初の感想。

だってねぇ、この「地球で最後の男」の、なんと感想の伝えにくいこと。

とにかく「ダメ」というしかない。
とにかく面白くない。
どんなに面白くないか、見てほしいっっ、・・・てぐらい面白くない。

たしか、なんか人のいない町をさまようんだよね。
なんか、黒ミサでもしてそうな集団が現れるんだよね。
え!?オカルト系の話!?
で、生き残りに出会うんだよね。
なぜか神父様が出てくるんだよね。
で神父様に殴り倒されるんだよね。
なんか、突然目の前の人が消える!みたいなシーンがあったような。
え!?もしやUFO系
とか思ってると
ぜんっぜんキレイじゃない変な天使が現れるし、光る扉が現れるし
たしか啓蒙的な心のあり方の話になっていかなかったかな。
もうね、ストーリーも結末も覚えてないよ。
あの光る扉しか覚えてない。

それをリメイク!!?
なぜ、あんなものをリメイクしたいんだ。

って、逆に俄然、興味がわいちゃった(笑)

後で知った話では、「アイ・アム・レジェンド」のもとは、どうやらコレじゃなく、
原作本があるらしいね。
その本から、ほかにも何度か映画化されてるらしい。
コレをリメイクしたかったわけじゃないのね、ホッ(笑)

でも、見に行った時はそんなの知らないわけですよ。
でも、「地球で最後の男」の記憶があるので、オカルト系か?UFOか!?
とひやひやしていたら、
iamlegend2.jpgまず、導入部の鹿の襲来が心臓にわるかった(笑)
そして、鹿を狩ろうとウィル・スミスがカーチェイス。たとえ相手が鹿だろうと、車で追跡だからカーチェイスよね?ぶつかるぶつかる!ってか、銃で撃とうとしないで、そのまま轢けば・・・
一緒にいる犬がかわいいです♪犬、いい演技ですね♪
ああ、それで「not alone」一人じゃないってわけね^^

で、彼は夕暮れの時間を気にし始めます。
日が暮れないうちに、家に戻って厳重戸締り。
なんと敵はゾンビです!
え!?スプラッタ・ホラーの話だったの!?
いや、実際には、遺伝子操作薬による奇病の感染で、死んでないので、
アンデットマン系のあの「肉が骨から崩れ落ち」みたいな気持ち悪さじゃなんですが、
髪は抜けおち、皮膚は変色し、目は異様で、光を恐れて、夜になると人の血を求めて飛びかかってくる!
iamlegend4.jpg突然後ろから、そこだっ!危ないっ!ガンッッ!!ドンッッ!!バタンッッ!!!
みたいな怖さ(笑)
あまりに、ガンッ!ドンッ!バタンッ!にビクビクしてたんで
ドアがバタン!としまっただけのシーンで、ビクッって跳ねあがっちゃった。
映画館の中で(笑)いやーん何も怖いもの出てきてないじゃん(笑)

しかし、この映画、特殊効果とNYの貸し切りにはお金がかかりそうですが、
登場人物の少ない映画ね^^
ほとんどウィルスミスひとり。
(あ、いや感染拡大を思い出してるシーンは、群衆が大量だったけど。)

iamlegend3.jpgそのウィルは、孤独を紛らわすため、各所に配置したマネキンに、まるで友達であるかのように話しかけます。「わかったよ、明日は彼女に声をかけるから」と美人のマネキンに、しどろもどろにアタック♪
いや、気持ちはすごくわかります。話し相手が誰もいないとなったら、気が狂っちゃいますもの。人形にだって話しかけて、平静を保ちたくもなるでしょう。
それが、演技でやってるんだと思うと、笑いたくなっちゃいますけど。

iamlegend1.jpgその、唯一の生きた相棒が、感染者のわなで失ってしまいます。
かわいい犬だったのに。
悲しくって、泣きそうでした・・・

心臓には悪いですが、ゾンビほどグロテスクでもなく、テンポもよく、
昼間ののんびりしたNYと相棒の犬が笑いも誘い、
「おお、あのダメダメがこう変われるのか!」と面白い映画でした♪

追伸:
・・・その後、NYに行く機会があって、見つけました。
あ!あの教会系のきれいな装飾の建物は!あの石像は!
ウィル・スミスが罠にかかった場所!
・・・セントラル・ステーションでした。
おお!気が付けたよ♪ここだよ♪と、ミーハーを出してしまった(笑)


英題:I AM LEGEND
製作:2007年、アメリカ
公開:2007-12-14
監督:フランシス・ローレンス
出演:ウィル・スミス
鑑賞方法:映画館

[映画と私:あ]
   毎日ポイントGET。 検索でもポイントGET。 新規登録で250ポイント!

 コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 記事に言及していないコメントは削除します。あしからず。

 トラックバック







style="padding:0px;margin:5px;float:left"align="left"
カレンダー
05 | 2017/03 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
ブログ内検索
最近の映画&DVD
最近の記事
コメント
トラックバック
お気に入り
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。