††映画と私と つれづれなるまま††
BGMがわりに映画を♪ そして好奇心のつれづれなるままに
[管] [新] [画] [箱] TOP

映画タイトル 五十音別
[]  []  []  []  []  []  []  []  []  []  [海外TV]

▼「ツイートまとめ」の読み方について▼
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
   毎日ポイントGET。 検索でもポイントGET。 新規登録で250ポイント!
ストップオーバー(途中降機)
経由地で24時間以上滞在すること
基本的には24時間以内であれば一泊する場合でも途中降機ではありません。

が、格安航空券や一部航空会社では、24時間以内であっても
翌日便利用は途中降機とみなす場合があります。

途中降機の回数制限があったり、追加料金が必要な場合があります。
「複数都市指定可」とか「周遊」などと紹介されている場合もあり、相談してみるといいでしょう


オープンジョー
入国地と出国地が異なるルートのことです。

たとえば、成田→サンフランシスコ
帰りは、ラスベガス→成田のように、入国地と出国地を変えることができます。
ただし、サンフランシスコ→ラスベガス間は、バス・車・飛行機など別途各自で移動することになります。


・・・*・・・*・・・*・・・*・・・

「ストップオーバー」 か 「オープンジョー」 か
たとえば、NYとシアトルに行きたい。

シアトル経由のNY往復便なら、ストップオーバーでシアトルにも行くことができます。
この場合、追加料金がかかるかも知れませんが、全行程の費用は往復航空券に含まれています。

シアトルで経由ができない便なら、オープンジョーで
NY・シアトル間を自力で移動しなくてはなりません。
その間の費用は往復航空券の代金に含まれないわけですから、別途支出です。
ストップオーバーより、なんか損した気がします(i_i)


アメリカに行く場合は、ジェット気流の関係で、時間が短いので、遠く東海岸に直行、
帰りに西海岸でストップオーバーし、午前の遅くか、午後の便で発つと、時差の影響も徐々に解消されてオススメ。という話も見つけた
http://www.millionmiler.com/topics/Stopover_westcoast.html


実は、わたしはこの2月3月のNY旅行でシアトルに寄りたいんです。

ところが、成田発でNY&シアトルが周遊できる格安航空券はなかなかないんですね~
名古屋発では¥33,000というのを見つけた
が、仙台在中の私。しかも、シアトル行くために便を見積もってもらったら経由地も多い(笑)

2月08日(金)
仙台

東京で友人と合流

17:05 中部国際空港発

09:18 サンフランシスコ着
11:55 サンフランシスコ

20:19 ニューヨーク(JFK空港)着


2月11日(月)
07:59 ニューヨーク(ラガーディア空港)発

10:33 デンバー着
11:28 デンバー発

13:19シアトル着

2月12日(火)
07:40 シアトル発

09:47 サンフランシスコ着
10:52 サンフランシスコ発

15:30 中部国際空港着(13日着)

東京

仙台

¥33000 航空券代金
¥ 5000 途中降機代金(1回)
¥ 2500 中部国際空港使用料
¥ 1400 米国空港使用料
¥34600 燃油特別付加運賃
¥ 6400 外国諸税
--------------------------
¥82900 合計(1人)

乗り継ぎ多っ(笑)
NY→シアトル、シアトル→名古屋間で各乗継があるよ
おまけに、シアトルで24時間以内なのに、ストップオーバーの追加代金がかかってる(笑)

う~ん、私ひとりだったら強行軍でもいいんだけど
お友達もいるしなぁ。
おまけに、成田から飛べるのに、名古屋に移動しなくちゃだもんなぁ^^;

あう、シアトル行きたいよぉ
   毎日ポイントGET。 検索でもポイントGET。 新規登録で250ポイント!

 コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 記事に言及していないコメントは削除します。あしからず。

 トラックバック







style="padding:0px;margin:5px;float:left"align="left"
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
ブログ内検索
最近の映画&DVD
最近の記事
コメント
トラックバック
お気に入り
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。