††映画と私と つれづれなるまま††
BGMがわりに映画を♪ そして好奇心のつれづれなるままに
[管] [新] [画] [箱] TOP

映画タイトル 五十音別
[]  []  []  []  []  []  []  []  []  []  [海外TV]

▼「ツイートまとめ」の読み方について▼

     

2005.10.20 (Thu) 16:28
コンスタンティン
constantine04.jpg

constantine02.jpg
HP:コンスタンティン(英語)
HP:日本語サイトは閉鎖されたもよう
原題:Constantine
私的分類:オカルト/エクソシスト/
鑑賞方法:2005/4/21 映画館
鑑賞方法:2005/10 DVD
製作:2005年、アメリカ
監督:フランシス・ローレンス
製作:ギルバート・アドラー、マイケル・アグィラー
原作:ジェイミー・デラノ、ガース・エニス
脚本:ケヴィン・ブロドビン、フランク・カペロ
出演:キアヌ・リーヴス、レイチェル・ワイズ、シア・ラブーフ、ジャイモン・フンスー、マックス・ベイカー
評価:★★★★★


・・・*・・・*・・・*・・・*・・・

constantine03.jpgキアヌ・リーブス自らが「次の『マトリックス』」と呼ぶ、究極のアクション大作が登場。
ジョン・コンスタンティンは生まれつき、普通の人間には見えない、この世に属さない者たちの姿を見分けられる能力を備えていた。この能力を誰にも理解されず、絶望した彼は過去に自殺を試みた。たった2分間だけ成功した自殺。生き返らされた彼は、自殺者の行く末には地獄しかないことを突きつけられる。

コンスタンティンは、その罪を償い天国に行くために自らの特殊な能力を生かして、悪魔払いのエクソシストとなった。この世は天国と地獄の狭間にある。だが封印は解かれた。保たれていたバランスが崩れたとき、この世は終末へと動き出す・・・。


2005/4/21映画館にて
constantine00.jpgステキでした!まさに、私好みにオカルティックで壮麗で。そして、ヒーローではない人間味。
コンスタンティンは、とにかく自分のために悪魔と戦うし、肺ガンで血を吐きながらもタバコを止められないし、まさに自分本位だし。タバコやめなさいって、見ているこっちが心配になってくるわ。

「知ってる人は知ってるよね」っていう名前がぼろぼろ出てくるところも、私は好き。運命の槍・つまりロンギヌスの槍とかネ。思わず顔がにまにましちゃう。キリスト教のというよりオカルト映画の知識があると、3倍楽しいと思います♪(キリスト教の知識で×2、オカルト映画で×3ってとこ?笑)

予告では、ちょっとホラーな雰囲気がありましたが、映画自体は全然怖くはないです。(と、私は思う)正統派なオカルトを踏襲してます。一番最初のシーンは、ずいぶん心臓に悪かったですけど。のっけからやってくれるなぁ、ってカンジ(笑)

「キアヌは「リアルとデジタルの間」で戦ってたかと思えば今度は「天国と地獄の間」で戦ってる」、といわれた「コンスタンンティン」ですが、戦うといっても無茶なアクションはなくいかにもエクソシストな戦い。もっとも、コンスタンティンの戦う姿勢が「教会の悪魔払い師」でないので、豪快で爽快感がありますが(笑)
コンスタンティン
天国と地獄の解釈も興味深い。
悪魔は地獄から出られない、神は天国から出られない。人間界に入り込んだハーフ・ブリードが人間にささやくと、人は良い事をしたり悪いことをするが、善と悪の均衡を崩すのは規則違反。
自殺経験者のコンスタンティンは、死後、天国行きの免罪符が欲しくて、規則違反の悪魔を狩るが、「自分本位で、神にコビを売ってるだけ」と天使ガブリエルはけんもほろろ。

・・・ところで、ガブリエルって、あの受胎告知のガブリエルよね。鍵となるのがガブリエルって、それだけ人間に近いところにいるってことなのかな。
ガブリエルの「強盗でも殺人でも悔い改めれば神の御許にいける、そんな得な生き物は人間以外にいない。だから人間はそれに見合わなくては」という言葉には、おもわず、「はい、その通りです。ごめんなさい」って反省してしまいましたね。

コンスタンティンの免罪符は、自己犠牲に目覚めるしかないでしょ、までは予想してましたが、最後はなかなか、複雑に考えてありましたね。
有名どころのルシファーもしっかり登場しますが、イメージに合うんだか、合わないんだか・・・。真っ先に思い出した「神に一番愛されていた明けの明星、過信して神に反乱を起こした堕天使ルシフェル」という有名なフレーズで考えるとイメージにそぐわなかったんだけど、悪魔の首領って意味ではすっごくイメージ通り。既存のイメージじゃなく、この物語の役どころとしては、うん、たぶん、ぴったりでしょうね。

ああ、オカルティックな映画が結構スキな私は、話があっちこっち飛んでしまいましたが、いろいろ盛り上がりたいところの多い映画でした。
あ、忘れてた。これから見る方はどうぞ、エンディングロールの最後まで、席を立たずにご覧下さい♪

constantine05.jpgシネくらのクチコミ
Yahooレビュー
Amazonのレビュー

[映画と私:か]
   毎日ポイントGET。 検索でもポイントGET。 新規登録で250ポイント!

 コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 記事に言及していないコメントは削除します。あしからず。

 トラックバック

コンスタンティン by ぼちぼちですわ
 ふむ、「デビルマン」や「天使禁漁区」のような話だなあ、と思ったら、やっぱり原作はコミックスなのね、納得。 いや、私はキリスト教の思想とか教義はよくわからないんだけど、上記2作品(映画じゃなくて原作ね)が、好きな人なら面白く思うんじゃないかな。...
2005.11.02






style="padding:0px;margin:5px;float:left"align="left"
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
ブログ内検索
最近の映画&DVD
最近の記事
コメント
トラックバック
お気に入り