††映画と私と つれづれなるまま††
BGMがわりに映画を♪ そして好奇心のつれづれなるままに
[管] [新] [画] [箱] TOP

映画タイトル 五十音別
[]  []  []  []  []  []  []  []  []  []  [海外TV]

▼「ツイートまとめ」の読み方について▼
石けん

基本のオイルで作る石けん
バッチ:600g
水:198g (33%)
苛性ソーダ:83g (-8%)
オリーブ油 300g (50%) 保湿 (溶けやすい)
ココナツ油 150g (25%) 泡立ち
パーム油 150g (25%) 固さ

基本のオイルをちょっと安くしてみよう
バッチ:600g
水:198g (33%)
苛性ソーダ:81g (-8%)
オリーブ油 150g (25%) 保湿 (溶けやすい)
キャノーラorサラダ油 150g (25%) 保湿 (溶けやすい)
ココナツ油 150g (25%) 泡立ち
パーム油 150g (25%) 固さ

ラードも使ってみる?
固まりやすく、固さ・泡立ちのバランスもGOODなラードで
バッチ:600g
水:198g (33%)
苛性ソーダ:81g (-8%)
オリーブ油 150g (25%) 保湿
キャノーラorサラダ油 150g (25%) 保湿
ココナツ油 150g (25%) 泡立ち
パーム油 100g (16.6%) 固さ
ラード 50g (8.4%) 固さ (&泡)


スーパーで手に入るオイルだけで作る石けん
・・・は、こちらから


バッチサイズ600gは、
石けんのネタ(生地)を牛乳パックに流し込んで、横に寝かせて固めると、
出来上がりの石けんのサイズがちょうど良いぐらいの大きさになるので、お気に入り♪

注意!
石けんは、オイル毎に苛性ソーダの量が決まっています。
適当に配合を変えると、大変危険な石けんになるかもしれません!

注意!
石けんは、1回にある程度の量を作ったほうが、出来が良くなります。
石けん1個分だけ、という分量はいろいろ問題発生!になるので、オススメしませんっ


さて、ということで、私なりのベースの石けんなのですが、
初めての方の石けんつくりには、カリスマソーパー小幡有樹子さんの
石けん作り実践編(準備)
石けん作り実践編(レシピ)
を参考にするのがオススメ♪
コールドプロセス(常温保存で固める方法)で作る、一般的な方法を写真付きで紹介してます。

近くのスーパーで購入できない材料は
カワチヤさんが、石けん用のいろんな材料を扱ってるうえ、安くてオススメ♪

・・・*・・・*・・・*・・・*・・・

オリーブ72%のマルセイユ風石けんに挑戦!
バッチ:600g
水:198g (33%)
苛性ソーダ:80g (-8%)
オリーブ油 435g (72.5%) 保湿 (溶けやすい)
ココナツ油 100g (16.6%) 泡立ち
パーム油 65g (10.8%) 固さ

マルセイユは、溶けやすいオリーブオイルがメインなので
固まりにくいし、使うととろけるし・・・ちょっと大変。
   毎日ポイントGET。 検索でもポイントGET。 新規登録で250ポイント!

 コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 記事に言及していないコメントは削除します。あしからず。

 トラックバック







style="padding:0px;margin:5px;float:left"align="left"
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ブログ内検索
最近の映画&DVD
最近の記事
コメント
トラックバック
お気に入り