††映画と私と つれづれなるまま††
BGMがわりに映画を♪ そして好奇心のつれづれなるままに
[管] [新] [画] [箱] TOP

映画タイトル 五十音別
[]  []  []  []  []  []  []  []  []  []  [海外TV]

▼「ツイートまとめ」の読み方について▼
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
   毎日ポイントGET。 検索でもポイントGET。 新規登録で250ポイント!

     

2010.12.22 (Wed) 11:36
トロン:レガシー
2010映画

トロン:レガシー
原題:TRON:LEGACY

私的分類:SF/3D/ディズニー/
鑑賞方法:映画館(2010.12.21)
評価:★★

あらすじ
1982年に世界初のデジタル・コンピュータ・グラフィックスを導入したSFアドベンチャー「トロン」の3D版続編。

7歳の息子サムをひとり残し、デジタル界のカリスマ、ケビン・フリンがこつ然と姿を消す。
20年後、父ケヴィンからのメッセージが届く。消息を追ってケヴィンのオフィスに足を踏み入れたサムは、地下に秘密の研究所を発見するが、突然サムを閃光が包み、彼はコンピューター・システムの中の世界に入り込んでしまう。迷い込んだ世界で命を狙われ、サバイバルを強いられるサム。そして、人類の存亡を脅かす、「トロン」に隠された秘密が明かされようとしていた。



・・・*・・・*・・・*・・・*・・・

感想・・・・・・・・・・・ああ、もう、どこからつっこんだらいいのか。

初の3D視聴でした。「人類がついに到達した未来の3D体験」とか銘打たれてたけど・・・3Dだった?なんかその前の予告のパイレーツ・オブ・カリビアンとか、映画会社ロゴとかの方がよっぽど飛び出して見えた(笑)
まあ、遠近感は出てたみたいだけど、こう、画面から飛び出してくる爆発とか破片とか、アバターみたいな、そこにいるような臨場感、とかがないと、3Dもったいないよね。

あ!そういえば、眼鏡の上からの3Dメガネがつらかったよ!(笑)
眼鏡の上からでも使える、スキーゴーグルみたいなの切望!

82年の続編だってハナシだけど、82年モノ見てないのよね。
画面が黒一色に、LEDライト色なのは、その当時からの踏襲なのかしら?
とにかく暗い。あの手足を彩るLEDの線がないと、どんな動きなのかも分からん。どこが道でどこが空でどこが穴なのかも見にくい。
見た後の帰り道を運転する夜の街の、明るいことクリアなこと(笑)


コンピューター・システムの中ってことで、中の人はみんなプログラム。
その辺、マトリックスを思い出させたけど、マトリックスみたいに、システムを構築する役割は割り振られてないのね。兵士or群集。どこか部品っぽいんだけど、どこかただの人。なんとなく中途半端でもったいない。

コンピューター・システムの中だから、よくある仮想空間映画みたいに、意識だけ入り込んでるのかとおもいきや、血を流すし、20年システムから出れなかったお父さんを連れ戻そうとするし、え!?外の体使えるの!?とギョっとしたけど、どうやら肉体ごとシステムに入ってるのね。そして、中のプログラムは、外の現実世界に出てこようとする。
う~ん、すごい世界だ(-w-;)


ディズニー映画は、いつも都合よく物語が展開してハッピーエンドで、軽いけど、
「トロン」は軽いってより、中途半端。設定もストーリーも見せかたも、な~んかもったいないなぁ。


製作:2010年 米
公開:2010年12月17日 (2時間10分)
監督:ジョセフ・コシンスキー
出演:ギャレット・ヘドランド、ジェフ・ブリッジス、オリビア・ワイルド、マイケル・シーン、ボー・ガレット
[映画と私:た]
   毎日ポイントGET。 検索でもポイントGET。 新規登録で250ポイント!

 コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 記事に言及していないコメントは削除します。あしからず。

 トラックバック







style="padding:0px;margin:5px;float:left"align="left"
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
ブログ内検索
最近の映画&DVD
最近の記事
コメント
トラックバック
お気に入り
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。