††映画と私と つれづれなるまま††
BGMがわりに映画を♪ そして好奇心のつれづれなるままに
[管] [新] [画] [箱] TOP

映画タイトル 五十音別
[]  []  []  []  []  []  []  []  []  []  [海外TV]

▼「ツイートまとめ」の読み方について▼

     

2005.10.15 (Sat) 11:09
ローレライ
lorelei.jpgHP:ローレライ
私的分類:太平洋戦争/防衛戦/
鑑賞方法:DVD
製作:2005年、日本
監督:樋口真嗣
製作:島谷能成、関一由、千草宗一郎、大月俊倫
原作:福井晴敏
脚本:鈴木智
出演:役所広司、妻夫木聡、柳葉敏郎、香椎由宇、石黒賢
評価:★★


・・・*・・・*・・・*・・・*・・・

1945年8月、広島へ原爆が投下された直後の日本。
第3の原爆が東京へ照準を定めていた。日本の最後の希望は、ドイツから接収した“鋼鉄の魔女”と呼ばれた潜水艦。最終兵器“ローレライ”を搭載して、原子爆弾を積んだ輸送艦を沈める使命を帯びて出向する。祖国を救うため、70名の乗員たちが未曾有の危機に命を賭ける。

亡国のイージスなど、シリーズ的なのか太平洋戦争系あるいは海軍系と言えるような映画が続いていますね。(ひとくくりにしちゃダメ?)
亡国のイージスは小説で人物紹介が延々長くて挫折して以来ちょっと食指が誘われないんだけど、こちらローレライは「東京を核から救え!」という触れ込みで、おもしろそうじゃない?と思ったんだけど

嗚呼・・・
最終兵器ローレライがあれじゃねぇ・・・

ストーリーも展開も、コンセプトも良い。
ドイツが生体実験で兵器を作ろうとしていたという設定もいいが、ああいう形で実現していた、という設定は・・・
それにあの時代に、しかも軍艦で、あんなに肌を露出していいのか?モンペの時代だぞ?隊員たちの反応ってあんなモン?
形見の時計はその時代にしてはずいぶんデザイナーズブランドに見えるが、気のせい?
いろいろ突っ込みたいのだが、私の思い込みか??

とまあ疑問が多々頭をよぎるのだが、その辺を無視すれば・・・まあストーリー展開は悪くはないかな?

Yahooレビュー
Amazonレビュー
[映画と私:ら]
   毎日ポイントGET。 検索でもポイントGET。 新規登録で250ポイント!

 コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 記事に言及していないコメントは削除します。あしからず。

 トラックバック

【映画】 ローレライ by REAL LIFE
出演:役所広司、妻夫木聡、柳葉敏郎、香椎由宇、   石黒賢、小野武彦、佐藤隆太、ピエール瀧、   鶴見辰吾、伊武雅刀、國村隼、橋爪功、   上川隆也、堤真一監督:樋口真嗣製作:亀山千広原作:福井晴敏これは2005年製作の日本映画です。今回はDVDが出てか
2005.10.17






style="padding:0px;margin:5px;float:left"align="left"
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ブログ内検索
最近の映画&DVD
最近の記事
コメント
トラックバック
お気に入り