††映画と私と つれづれなるまま††
BGMがわりに映画を♪ そして好奇心のつれづれなるままに
[管] [新] [画] [箱] TOP

映画タイトル 五十音別
[]  []  []  []  []  []  []  []  []  []  [海外TV]

▼「ツイートまとめ」の読み方について▼

     

2006.01.24 (Tue) 16:02
デスノート-DEATH NOTE-
deathnote.jpgHP:DEATH NOTE
原作:大場つぐみ
漫画:小畑健。
評価:★★★★

!!『デスノート』実写映画化決定を発表!!
週刊少年ジャンプが第一弾:6月、第二段:10月に連続公開を発表!

あの『デスノート』の世界が、映像化により活きるか死ぬか・・・!
だいたい本→映像化はイメージを崩すから不安なところではあるが、「イチオシ★お気に入り!」のデスノートが映画になるのは、世間に認められたようで(勝手に)鼻が高く優越を感じる(笑)

2006年1月現在単行本は初版100万部をする人気で、これはアニメ化もされていない漫画作品としてはかなり異例!

・・・*・・・*・・・*・・・*・・・

「ノートに名前を書かれた者は死ぬ。」
死神リュークが落としたデスノートを手に入れた日本の高校生・夜神月(やがみ ライト)は、犯罪者のいない理想の新世界の神になることを誓い、世界中の犯罪者の名を次々とノートに書き込んでいく。
そうして世界中の犯罪者が死んでいく中、ICPOは、手がけた事件は必ず解決に導くとされる「L」にキラ事件の調査を依頼。
たがいに本名はむろん、顔すらも知らない「キラ」と「L」。
正体が暴かれれば致命的。
こうしてふたりの天才は、それぞれの正義を掲げて大胆な知能戦を繰り広げる。

こちらからためし読みできます!

Amazonレビュー

リンク
フリー百科事典「ウィキペディア」
デスノート日記

[映画と私:た]
   毎日ポイントGET。 検索でもポイントGET。 新規登録で250ポイント!

 コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 記事に言及していないコメントは削除します。あしからず。

 トラックバック

デスノート DEATH NOTE - キラへの挑戦 - by 話題のナレッジベース
デスノートの人気が判っていて、話題になっていると判ってもなぜかいままではデスノートを話題として取り上げてこなかった。それはデスノートファンとしての思い入れがあるからだと理解していた。このコミックがもつ世界観やシナリオの複雑さは、安易にブログに記載できるも
2006.01.24
デスノート実写映画化&限定アイテム予約 by ブログで音楽を流す方法
「週刊少年ジャンプ」連載の人気コミック「デスノート」が、このほど藤原竜也主演で実写映画化が決定したそうです。2部構成でパート1と2を連続製作し、それぞれ6、10月に公開。両作とも平成「ガメラ」シリーズなどの金子修介監督(50)がメガホンを取るそうです。 5
2006.01.26






style="padding:0px;margin:5px;float:left"align="left"
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
ブログ内検索
最近の映画&DVD
最近の記事
コメント
トラックバック
お気に入り